セブン・センス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア
ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


  セブン・センス

セブン・センス【26】 バイブリー村

コッツウォルズ地方(イングランド)

 コッツウォルズは羊の丘という意味です。
 2012年に訪れていますので、もう5年経ちました。
 かつて羊毛の交易で栄え、古いイングランドの面影を残した地域です。
 ロンドンオリンピックの開会式で、この地方の大型模型が映し出されました。
 19世紀、ウイリアム・モリスが「イギリス(イングランド)で最も美しい村」と呼び、今では特別自然景観地域に指定されています。
 北、中央部、南に分かれ、広い範囲を網羅しています。

 私が訪れたのは、南に位置するバイブリー(Bibury)村です。
 コッツウォルズ地方を水源とするテムズ川の支流であるコルン川の両岸にあります。
 いたるところに、小さな湧き水があり、それが川に流れて混んで村の中心部を流れています。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 小さな湧き水

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 大きな湧き水

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 きれいな水を好むマガモ、オオハシ、ライチョウなどの水鳥が生息している。
 春先だったので、コガモが誕生していました。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
 建物の外壁は「はちみつ色の石=ライムストーン」と呼ばれる石灰石を使っています。これはコッツウォルズストーンとも呼ばれています。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 大きな農家(かつては地主)の母屋と納屋

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 今でも羊が放牧されています。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 民家の窓から天使の置物が見え、ビオラが咲いていました。
 ビオラ(バイオレット)は女性の謙虚さや、つつましい美しさを意味して愛される花です。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 聖メアリ教会

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 教会内部
 バイブリーの田園と教会は1130年くらいまでウースターの聖母マリア小修道会に所有されていました。いくつもの変遷をたどった古い教会です。

コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村

 村にあったオーガニックストア。サーモンにキュウリが巻かれて蒸したものが販売されていました。キュウリはイギリスでは高級食材で、かつては貴族が自分の家の温室で栽培して、それをサンドイッチなどに入れておもてなしをしていました。


新連載 セブン・センス
2020年 第38回 深川不動尊
2019年 第37回 ロバニエミ
第36回 大国魂神社
第35回 千葉神社
第34回 根津神社
2018年 第33回 聖地デルフィ(ギリシャ)
第32回 神明神社
第31回 伊豆山神社
第30回 報徳二宮神社
第29回 ハワイ島の海カメ
2017年 第28回 白金自然教育園前
第27回 箱根神社
第26回 コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
第25回 日枝神社
第24回 ハワイ島
第23回 狭井神社
2016年 第22回 ノルマンディー地方 エトルタ・オンフルール
第21回 日光東照宮
2015年 第20回 サン・シャペル教会とサン・シュルピス教会
第19回 諏訪大社
第18回 モンセラート修道院
第17回 三輪明神 大神神社(おおみわ 神社)
2014年 第16回 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)
第15回 箱根神社・九頭龍神社・白龍神社
第14回 アッシジ
第13回 榛名神社
第12回 テラ・フローラ
2013年 第11回 走水神社
第10回 コートダジュール
第9回 霊峰富士
第8回 湖水地方
2012年 第7回 明治神宮
第6回 ロスリン礼拝堂
第5回 木曾御嶽山
第4回 バリの祭り
第3回 ヤマトタケルの皇子
第2回 セドナとネイティブ・インディアン
第1回 セドナ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved