ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(11)

チェリー(さくらんぼ)

さくらんぼのおいしい季節となりました。
2つ並んでいる形が何とも愛らしいくだものです。
出回る季節が限られているので、この時期に味わいたいくだものです。

チェリー(さくらんぼ)

古来、西欧では、民間療法としてさくらんぼを用いてきました。
主に、ダークチェリーといわれる色の濃いさくらんぼで、日本の佐藤錦とは違う品種です。
同じ療法的な作用があるかどうかはわかりませんが、佐藤錦にも似たような効能があるのではないかと思います。
日本では、くだものを品種改良してより甘く、大きくしてきました。
けれども、本来のくだものが持っている酸味や苦味に療法的な効果があるものが多いです。

チェリー(さくらんぼ)

チェリーの果肉

チェリーの果肉は伝統的に腎臓結石や胆石の治療のために食べられてきました。
ダークチェリーの果肉の部分はジュースにして、リュウマチの方の痛みを和らげるものとして使われてきました。
これはチェリーによる水分代謝をよくする働きのためだと思われます。

チェリーの柄の部分

チェリーには果肉の上部についている柄があります。
この柄の部分には強い利尿作用があり、伝統的にリュウマチや尿道結石の人に用いられてきました。
これは、ハーブの種類の中にもあります。

チェリーの実の部分

チェリーの果実を食べて残った実の部分も伝統的な使い方があります。
チェリーの実はよく洗って、熱湯で温めて麻や木綿の袋に入れます。
それをお腹や肩など、温めたいところに置くと、ほんのり心地よく温まります。
チェリーの実は熱を保つので、西洋では湯たんぽのように、夜休む時に足元に置いて休みました。


ハーブの素材と効能
ミョウガ
ウルイ
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved