ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(25)

なす   ナス科    ナス属

「ナス紺」と言われる深い紺色があることから、ナスは古くから日本にある野菜です。
日本原産と思いがちですが、インド原産と考える説が有力だそうです。
奈良時代には国の蘭園で栽培されていました。

体を冷やす作用があるため、夏の暑い時期に食べられることが多い野菜です。
糠に漬けると、いっそう鮮やかな紺色が浮き上がるようです。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあります。
涼しくなってきた秋にナスを食べると、体が冷えて、これから子供を産む女性には適さないという意味があるようです。

成分のほとんどが水分と繊維質ですが、ベータカロチンが多く含まれるので、抗酸化作用があり、カルシウムや鉄分も含まれます。
ビタミンB1.B2,B3,B6,B12,C.D.E.K.Aも含まれ、強壮作用のある成分も含まれています。
また、血行をよくし血管も保護します。

夏はさっぱりと食べるのがおいしいですが、秋は少しボリュームを出して食べるのもおいしいと思います。

なす

ナスのグラタン

ナスを蒸すか、焼くか、電子レンジを通すかして、柔らかくして皮をむきます。
ホワイトソースをお皿に敷いて、皮をむいて裂いておいたナスを並べます。
ホワイトソースを上にかけて、とろけるチーズを載せて、オーブンでこんがり焼きます。
さらに濃くが欲しい場合は、ベーコンを載せて、焼くと、香ばしくなります。

グラタン

ハーブの素材と効能
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved