ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション

 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(27)

ガーリクック  ネギ亜科ネギ属

寒いと温かな食事がしたくなります。また体も温めたくなります。
体を温める食材のひとつにガーリック(にんにく)があります。
ガーリック(にんにく)は薬用食材の代表のひとつといえるでしょう。
原産地は中央アジアですが、古代エジプトの時代から使われていました。
紀元前3,200年には栽培されていました。
食材はもちろんのこと、家の中に蛇が侵入してこないように、またネズミを寄せ付けないように、スダレのようにして戸口にかけていました。

にんにく

日本に入ってきたのは、1,000年ほど前と言われていますが、強烈な匂いを放つことからか、日本人の好みには合わず、戦前までは邪気を払う特殊な素材とされてきました。
戦後になって海外のさまざまなお料理が入ってきた中で、ガーリックも定番の食材としてなじんできました。

少量のガーリックをとることで、胃液の分泌をよくし、食欲を増し、消化も助けます。
冷えによる節々の痛みをやわらげ、血流や水分の代謝もよくします。
また、動脈硬化や高血圧の予防、血糖値を抑える働き、疲労回復などの働きもあります。
また、ビタミンB群が豊富に入っていて、B1の効果を高めるアリシンも含まれています。

強壮効果として、朝鮮人参を入れたサムゲタンが有名ですが、簡単に作れるスープを取り入れるのも気負いがなくてよいと思います。

鶏肉とニンニクのスープ

材料

・若鳥
・ニンニク
・ギンナン
・レンコン
・人参
・長ネギ
・日本酒、塩、こしょう、和風だし

材料を人数に応じて用意し、長ネギ以外は一口そろえて切り、鍋に入れます。
水を多めに入れて、日本酒を加え、強火で沸騰させてから、火を弱くして、アクをとりながらコトコト煮ます。
塩、こしょう、和風だしで味を調えて、最後に長ネギを加えます。
鶏肉のスープがうま味としてよく出るので、特に味付けは入りませんが、物足りない場合は、お醤油で味を調えてください。


ハーブの素材と効能
冬瓜
グレープフルーツ
ミョウガ
ウルイ
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved