ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(29)

キャベツ  アブラナ科アブラナ属 

キャベツは古代よりイベリア半島で食されていた原種が、ケルト人に伝わり、ヨーロッパに広がったとされている。
当時から野菜というより薬草として利用されていました。
キャベツの語源は「頭」という意味です。
古代ギリシャや古代ローマでは、胃腸の調子を整える薬草として利用されていました。
現在でもキャベツから栄養ドリンクや胃腸薬が作られています。

キャベツ

ヨーロッパの民間療法では、キャベツに熱や膿をとる働きがあることから、炎症している部位にあてたり、痛みの部位にあてたりする方法があります。
9世紀には野菜として利用されるようになりました。
日本では江戸時代にオランダ人によってもたらされました。

キャベツなどのアブラナ科の野菜には抗がん作用があると言われています。
キャベツはビタミンCやビタミンUカリウム、カルシウムなどが多く含まれ、他のビタミン類やミネラル類も含まれています。

キャベツには筋肉や関節を守る働きなども伝えられています。
また、病気に対する抵抗力もつけることができます。
季節的に春キャベツのやわらかい葉がでまわっています。
生で食べても、お料理しても甘さがでます。

キャベツとベーコンのスープ煮

材料

キャベツ、ベーコン、コンソメスープの素

キャベツはざっくりと切り、ベーコンも3センチの長さに切っておく。
ベーコンを軽く炒めて、その中に水とコンソメスープの素も入れる。
キャベツをいれて、アクを取りながら煮る。
キャベツがしんなりしたら火を止めてこしょうを振ります。
器にキャベツ、ベーコンを盛り付ける。
ベーコンから塩味がでてくるので、特に塩は必要ないと思います。


ハーブの素材と効能
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved