ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(40)

蕪(カブ) アブラナ科 アブラナ属

カブは1000年以上も前に地中海沿岸から伝わったとされています。
カブも大根のように春の七草の「すずな」とされています。
古い名前では、「クチタキ」と呼ばれたそうです。また、別名を「諸葛菜」と呼ぶようです。

三国志で有名な諸葛孔明は、カブが苗の内から食用になり、冬でも根を食べられることから、軍を進めるごとに栽培させていました。
日本でも根から葉まで食用にできるので、飢きんの時には重要な食糧として栽培を奨励したようです。

蕪

カブの白い部分には、でんぷん質を分解するアミラーゼが含まれ、胃の消化を助けてくれます。
抗ガン成分と言われているグルコシアネートや造血作用のある葉酸も多く含まれています。
カルシウムやビタミンCなども豊富にふくまれています。
カブは体を温めるので、冷えによる腹痛を緩和して、尿量の低下にも効果があります。

カブのスープ

材料:
カブ 3個
ブイヨン 3カップ
ベーコン 3枚
玉ねぎ半分

カブは丸ごと皮をむいておく。玉ねぎはみじん切りにします。
ベーコンも1僂棒擇辰討きます。
なべに玉ねぎとベーコンを入れて弱火で炒めます。そこにブイヨンとカブを加えて、弱火のままアクをとりながら煮ます。
カブに火が通ってやわらかくなったら、火を止めます。
器に丸ごとのカブとスープをそそぎます。葉は別のお料理に使いましょう。


ハーブの素材と効能
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved