ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(48)

小豆(あずき) マメ科 ササゲ属

あずきは中国最古の薬学書『神農本草経』にあずきの煮汁が解毒として用いられたという記述があります。
当時、あずきは食べ物というより薬剤として考えられていました。
そのため、王様や貴族が食していたようです。

日本には3世紀頃、薬として渡ってきました。
昔、赤色は太陽や火、血など生命を象徴する色と考えられていました。
なので、特徴は食材として邪気を払い、身を守る、として行事や儀式など宗教的な事柄にも使われていました。
特別な日の(ハレの日)に米にあずきを入れて炊く赤飯は江戸時代に広まったそうです。

体を温める作用(利尿作用)や脂質の代謝を促進する(サポニン)作用貧血を和らげる作用などがあります。
あずきはタンパク質で、そのほかビタミンB1、B2、カルシウム、鉄、ポリフェノールがあります。

小豆

解毒を促す飲み物

材料:あずき30グラム、500ccの水、塩少々

上記の分量で小豆を弱火で煮ます。
水が半分になるまで煮て火を止め、塩を少々入れます。
その煮汁を飲むと、アルコールの分解に役立つと言われています。


ハーブの素材と効能
ミョウガ
ウルイ
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved