ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション

 

ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス

フィトテラピーのナチュラルヘルス(93)

ゴボウ Arctium lappaキク科 ゴボウ属


ゴボウ

 広い範囲で分布する二年草草本。縄文時代の遺跡からも見つかっていますが、日本で食すようになったのは、平安時代に中国から薬草ととして入ってきてからだと言われいます。
 現在は根を食べていますが、他の国々では野菜としては活用されていないそうです。
 葉を食べるゴボウもあるそうですが、あまり出回りません。
 ゴボウの旬は11月から1月です。ゴボウにはビタミンは少ないが、ミネラルを多く含んでいて、コーヒーにも含まれる抗酸化物質のクロロゲン酸が豊富にあり、また水溶性植物繊維も豊富です。
 西洋社会では、ハーブのバードッグ(Burduc root)として腸内の浄化やニキビの回復に用います。漢方では、利尿や発汗に用いるそうで、体を冷やす働きがあるので、熱を持つ疾患によいとされています。

お料理

ゴボウ
アクがあるので、水にさらしますが、短時間で。


牛肉豆腐とゴボウ
牛肉豆腐とゴボウ。汁の残りできんぴらを作る。


ハーブの素材と効能
セロリ
キャベツ
ゴボウ
ホウレンソウ
白菜
冬瓜
グレープフルーツ
ミョウガ
ウルイ
ワラビ
サヤエンドウ
トレビス
シュンギク
里芋
アボガド
わらび
そら豆
サヤエンドウ
カリフラワー
シイタケ
さつまいも
春菊
枝豆
万願寺とうがらし
おくら
芽キャベツ
小松菜
ふき
うど
ふきのとう
銀杏
ナメコ
マッシュルーム
サヤエンドウ
チコリ
ズッキーニ
フェンネル
セージ
ルッコラ
ジンジャー
パクチー
モヤシ
ズッキーニ
ベビーコーン
レンコン
アスパラガス
うど
小豆
わさび
フェンネル
オクラ
枝豆
ソラマメ
レタス
レンコン
蕪(カブ)
大根
里芋
小松菜
クレソン
シイタケ
エノキタケ
ミョウガ
ニガウリ(ゴーヤ)
サヤインゲン
きゅうり
キャベツ
ニンジン
ニンニク
ゴボウ
なす
とうもろこし
トマト
にんじん
たまねぎ
ニラ
菜の花
ヤマノイモ・ヤムイモ
ユリ根
りんごとくるみ
松茸
グレープフルーツ
カレンドゥラ
ハーブ・ド・プロバンス
チェリー(さくらんぼ)
西洋タンポポ
春の野草酵素
台湾茶芸
台湾の健康食品/燕麦(オーツ麦)
台湾の健康食品/ハト麦(ヨクイニン)
フィトテラピーのナチュラルヘルス「ドイツのクリスマス」
フィトテラピーのナチュラルヘルス「カボチャ」
新連載!ハーブをつかったケアやナチュラルヘルス 1、2

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved