セブン・センス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア
ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


  セブン・センス

セブン・センス【14】 アッシジ

アッシジはイタリヤ北東部のペルージャ県に位置します。
スパシオ山の西にあたる場所にあります。
丘陵の上に築かれたアッシジの市街は、日本でいう門前町のようなところで、両側に小さな店がつながったゆるい傾斜を登ると、頂上にアッシジの教会の聖堂があります。
アッシジはいくつかの街と同じように、自治権を持っています。

アッシジに行きましたのは、もう20年以上も前のことです。
亡き母との最初で最後のヨーロッパ旅行でした。
イタリヤの中央を走る太陽の道という高速道路を南から北へ直進して行きました。
季節は6月で、両側にはひまわりが何キロにも渡り咲き、まるで映画の「ひまわり」のワンシーンのような光景を覚えています。

当時アッシジに知識のなかった私にも一番印象に残っている街でした。
その聖なる空気と、市街の店の数々、そして教会の窓から見える外の景色、丘陵一面にブドウ畑が広がり、豊かさと太陽の恵み、自然界の恵みが感じられ、4つのエレメント(土、水、風、日)がそろっている場所です。
当時、こんな記事を書くとは夢にも思っていませんでしたので、写真には母や私が映っていて、掲載することはできませんので、観光協会からお借りいたして載せさせていただきます。

アッシジ

市街の小さなお店はどれも手作りの製品が並んでいます。
手つくりレースの製品やクッキー、陶磁器、その他、かわいい小物類もあります。
それらは、アッシジのシスター達が作っているそうです。
アッシジの聖職者たちは自給自足の生活をしています。教会のガイドも見習い神父の方がしてくださいます。

アッシシへの道のりは丘をグルグルとバスで回旋しながら登っていくと、市街について、そこから徒歩で向かいました。

アッシジは、フランシスコ会を創設した聖フランチェスコが最初に小さな聖堂を建設した場所です。
その後、ローマをむいた十字の大きな教会ができました。
聖フランチェスコは1182年〜1226年まで生きた方で、豊かな生活を捨てて、清貧の中で人々に奉仕された方です。
今日アッシシには聖フランチェスコを慕い多くの巡礼者が訪れます。

もうひとつ、聖フランチェスコは自然を愛した人として、鳥やおおかみにも説教ができた人として記憶されています。
この豊かな土地に生まれて、自然とともに生きた方なればこそ、という感がぬぐえません。
20年以上経た今でもアッシジの聖なる空気と豊かな丘陵は色あせないで記憶に残っています。
また機会がありましたら、再び訪れてみたいと思います。

アッシジ

鳥と狼に話す聖フランチェスコのレリーフ。

アシッジ

市街のお店でシスターが作られたお皿。

新連載 セブン・センス
2020年 第38回 深川不動尊
2019年 第37回 ロバニエミ
第36回 大国魂神社
第35回 千葉神社
第34回 根津神社
2018年 第33回 聖地デルフィ(ギリシャ)
第32回 神明神社
第31回 伊豆山神社
第30回 報徳二宮神社
第29回 ハワイ島の海カメ
2017年 第28回 白金自然教育園前
第27回 箱根神社
第26回 コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
第25回 日枝神社
第24回 ハワイ島
第23回 狭井神社
2016年 第22回 ノルマンディー地方 エトルタ・オンフルール
第21回 日光東照宮
2015年 第20回 サン・シャペル教会とサン・シュルピス教会
第19回 諏訪大社
第18回 モンセラート修道院
第17回 三輪明神 大神神社(おおみわ 神社)
2014年 第16回 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)
第15回 箱根神社・九頭龍神社・白龍神社
第14回 アッシジ
第13回 榛名神社
第12回 テラ・フローラ
2013年 第11回 走水神社
第10回 コートダジュール
第9回 霊峰富士
第8回 湖水地方
2012年 第7回 明治神宮
第6回 ロスリン礼拝堂
第5回 木曾御嶽山
第4回 バリの祭り
第3回 ヤマトタケルの皇子
第2回 セドナとネイティブ・インディアン
第1回 セドナ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved