セブン・センス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア
ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


  セブン・センス

セブン・センス【30】 報徳二宮神社

報徳二宮神社

 二宮金次郎(尊徳)氏が祀られた神社です。
 小学校の校庭の脇に少年が薪を背負って本を読んでいる銅像が二宮金次郎です。
 どんな人物がよくわからず、卒業した方も多いと思いますからここで思い出していただきたいと掲載しました。

 1787年に現在の小田原市に誕生しました。幼少の頃、父が頼まれてはお金をあげたり、人を助けたりしたことで、大きな農家だった家は傾き、それに加えて大災害で田畑は荒野と化してしまいました。金次郎が4歳の時です。

 復興するために借金をして、苦難の末、5年が経ちやっと農地が復旧した時には、父は重なる無理で病気になり、死亡してしまいます。
 長男だった金次郎は11歳でしたが、家長のかわりとして、人に甘えることがなく、子供ながらに藁草履(わらぞうり)を作り、村の人々に共同作業のかわりに進呈し、山で薪をひろい、町までの遠い道のりを歩いて売りに行き、時間がもったいないと、本を読みながら山を下っていきました。
 その姿が小学校の銅像になっています。

 この少年は生涯で数々の大事業と立て直し、復興を成し遂げました。
 生家を復興、服部家の財政立て直し、桜町領の復興事業、原野と化した青木村の復活、烏山藩の飢饉を救う、下館藩の仁政、相馬藩の復興、幕臣へ、日光神領開発。これらの事業のひとつでも一生かかっても終わらない大事業を成功させました。

 金次郎が重視したのは、仁、義、礼、智、信の5つの徳です。儒教の考え方ですが、これらの5つの徳を守る人であれば、お金を貸すというものです。
 尊徳自身これらの徳の見本のような人でした。
 これらの徳を身に着けると、小石のような人でも金にかわるという考えです。

報徳二宮神社

 現代の人にも通じるものがあると思います。

報徳二宮神社

 大事業を行っている頃。

報徳二宮神社

 質素な外観は尊徳を表しています。

報徳二宮神社

 回廊と庭園


新連載 セブン・センス
2018年 第30回 報徳二宮神社
第29回 ハワイ島の海カメ
2017年 第28回 白金自然教育園前
第27回 箱根神社
第26回 コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
第25回 日枝神社
第24回 ハワイ島
第23回 狭井神社
2016年 第22回 ノルマンディー地方 エトルタ・オンフルール
第21回 日光東照宮
2015年 第20回 サン・シャペル教会とサン・シュルピス教会
第19回 諏訪大社
第18回 モンセラート修道院
第17回 三輪明神 大神神社(おおみわ 神社)
2014年 第16回 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)
第15回 箱根神社・九頭龍神社・白龍神社
第14回 アッシジ
第13回 榛名神社
第12回 テラ・フローラ
2013年 第11回 走水神社
第10回 コートダジュール
第9回 霊峰富士
第8回 湖水地方
2012年 第7回 明治神宮
第6回 ロスリン礼拝堂
第5回 木曾御嶽山
第4回 バリの祭り
第3回 ヤマトタケルの皇子
第2回 セドナとネイティブ・インディアン
第1回 セドナ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved