セブン・センス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア
ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


  セブン・センス

セブン・センス【18】 モンセラート修道院

スペイン、バルセロナ郊外にあるモンセラート山には切り立った不思議な山をえぐるように修道院が建造されています。
ベネディクト会のサンタ・マリア・デ・モンセラートという名前の修道院です。
ここは、スペインのガリシアのサンディアゴ・デ・コンポステーラと並ぶ二大聖地として、古くから多くの信者を集めてきた地です。
黒い聖母子像が安置されています。

モンセラート修道院

防弾ガラスに包まれた聖母子像。聖母マリア様が持たれている丸いボールは地球を表しています。指でキスをします。

880年、モンセラートの岩山に光を見つけた羊飼いの子供たちは、洞の中に聖母子像を見つけました。
知らせを受けた司教はこの聖母子像を運び出そうとしましたが、重くて運べませんでした。
司教は聖母子像がこの地にあることを悟り、修道院をたてました。

モンセラート修道院

モンセラートへは切り立った山を登りたどりつきます。
登山鉄道やロープウエイがありますが、時間がかかります。バスでも行けます。

モンセラート修道院

モンセラートはノコギリ山という意味で、それをモチーフにしたマークがあります(写真左)。右は修道院の入口になります。

モンセラート修道院

左:サグラダファミリアの像を手掛けている作家が造った聖母像。どこから見てもこちらを見ているように見えます。
右:岩山をえぐりとるように建てられた修道士たちの宿泊施設。

モンセラート修道院

修道院の中庭に入り、正面の修行の建物を見る。

モンセラート修道院

左:修道院の脇には願いを叶えるために写真や本人の身に着けたものが置かれています。
右:祈りのために、美しい色のローソクをともします。

モンセラートの朱い本について

中世西洋の歌曲集。13C(1399年)の手写本で、13〜14C、モンセラート修道院へ参ずる巡礼者たちによって歌い、踊られた10曲からなる。
19C初め、フランスのソオー伯爵がモンセラート修道院から借り出した。
その後赤いビロードの表紙になり、モンセラートの朱い本の名前がつきました。
モンセラート修道院の少年合唱団はウイーンより歴史が古く、多くの音楽家を輩出している。カザルスもその一人です。

モンセラートは1811年〜12年のスペイン独立戦争の際、侵入してきたナポレオン軍によって、火災の被害になった。
修道士たちは余儀なくこの地を離れることになり、修道院は廃墟になった。
1844年、モンセラートは再び独立を果たした。
しかし、1936年〜39年にかけてのスペイン内戦の時、修道士たちは開山以来もっとも過酷な迫害を左翼によってなされた。

新連載 セブン・センス
2020年 第38回 深川不動尊
2019年 第37回 ロバニエミ
第36回 大国魂神社
第35回 千葉神社
第34回 根津神社
2018年 第33回 聖地デルフィ(ギリシャ)
第32回 神明神社
第31回 伊豆山神社
第30回 報徳二宮神社
第29回 ハワイ島の海カメ
2017年 第28回 白金自然教育園前
第27回 箱根神社
第26回 コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
第25回 日枝神社
第24回 ハワイ島
第23回 狭井神社
2016年 第22回 ノルマンディー地方 エトルタ・オンフルール
第21回 日光東照宮
2015年 第20回 サン・シャペル教会とサン・シュルピス教会
第19回 諏訪大社
第18回 モンセラート修道院
第17回 三輪明神 大神神社(おおみわ 神社)
2014年 第16回 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)
第15回 箱根神社・九頭龍神社・白龍神社
第14回 アッシジ
第13回 榛名神社
第12回 テラ・フローラ
2013年 第11回 走水神社
第10回 コートダジュール
第9回 霊峰富士
第8回 湖水地方
2012年 第7回 明治神宮
第6回 ロスリン礼拝堂
第5回 木曾御嶽山
第4回 バリの祭り
第3回 ヤマトタケルの皇子
第2回 セドナとネイティブ・インディアン
第1回 セドナ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved