セブン・センス


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア
ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション

  セブン・センス

セブン・センス【16】 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)

カッチーナ・ピークスはアメリカ・アリゾナ州で一番高い山で、旧火山です。
ネイティブアメリカンのホピ族が信仰している超自然的な精霊カッチーナが住む山としても知られています。
峰はいくつか連なっていて、一番高い山は標高3500mです。
したがって、夏でも雪をいただいていることが多くあります。

カッチーナ・ピークス(Katsina  peaks)

ふもとは、ホピ族を中心としたネイティブアメリカンの反対を押し切って、スキー場となってしまいました。
そして、スノーボートの洗浄に汚水の排水が使われることになり、これも反対を押し切ってされることになりました。
ホピ族や文化的に関係の深いズニ族、ラグナ族も同様の信仰が残っているために、精霊の住む山にこのような人の手が入ることは耐えられなかったことと感じます。

カッチーナ・ピークス(Katsina  peaks)

山にはいると静寂な森です。
山は苔むしている場所もあり、森閑とした静寂に包まれていますが、いたずらに木への彫り物もあり、荒れている様子が伺えました。

カッチーナ・ピークス(Katsina  peaks)

ホピ族の文化センターでは、ミュージアがあり、歴史や工芸品が見られます。
カッチーナの精霊を模したカッチーナ人形は、このような言い伝えがあります。
「危機的な状況に追い込まれたホピ族の人々を救うために、精霊カッチーナは人間的な姿に変えてやってきました。
ホピ族の人々は救われたが、彼らの生活に堕落が見えてくると、儀式の行い方を教えて去っていってしまいました。
そして、正しく儀式が行われた時だけカッチーナが現れると約束しました。」

毎年カッチーナ山から精霊が降りて来てくれるのを願い、儀式をおこなっています。
カッチーナ人形はホピ村の家々の前に、手作り品が売られています。
アリゾナの他の売店やナバホ族の工芸品店にもありますが、ナバホ族が真似して作った値段も安いフェイクも多々あります。
ホピ族の作り手から2012年と2013年に1体ずつ手にいれさせていただきましたが、神さまなので写真掲載は残念ながらできませんでした。

伝統的なホピ族の食事。※写真上右
ブルーコーンのパン、ジャイアントコーンと羊の肉の入ったスープで、塩味です。
添えてあるのは、辛い唐辛子のペーストです。

新連載 セブン・センス
2021年 第42回 岩木山神社
第41回 高千穂神社
2020年 第40回 天岩戸神社
第39回 王子神社
第38回 深川不動尊
2019年 第37回 ロバニエミ
第36回 大国魂神社
第35回 千葉神社
第34回 根津神社
2018年 第33回 聖地デルフィ(ギリシャ)
第32回 神明神社
第31回 伊豆山神社
第30回 報徳二宮神社
第29回 ハワイ島の海カメ
2017年 第28回 白金自然教育園前
第27回 箱根神社
第26回 コッツウォルズ地方(イングランド)バイブリー村
第25回 日枝神社
第24回 ハワイ島
第23回 狭井神社
2016年 第22回 ノルマンディー地方 エトルタ・オンフルール
第21回 日光東照宮
2015年 第20回 サン・シャペル教会とサン・シュルピス教会
第19回 諏訪大社
第18回 モンセラート修道院
第17回 三輪明神 大神神社(おおみわ 神社)
2014年 第16回 カッチーナ・ピークス(Katsina peaks)
第15回 箱根神社・九頭龍神社・白龍神社
第14回 アッシジ
第13回 榛名神社
第12回 テラ・フローラ
2013年 第11回 走水神社
第10回 コートダジュール
第9回 霊峰富士
第8回 湖水地方
2012年 第7回 明治神宮
第6回 ロスリン礼拝堂
第5回 木曾御嶽山
第4回 バリの祭り
第3回 ヤマトタケルの皇子
第2回 セドナとネイティブ・インディアン
第1回 セドナ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved